FAQ

良くありそうな質問、エラーに対する解答です。
よくわかんねーよという人はとりあえず全部読んでみて下さい。大抵の問題は解決できるはずです。時間ねーよという人も、質問箱や2chで質問して回答もらうよりも素早く解決できると思います。

起動できない

→.NET Framework 2.0 SP1が入っていない可能性があります。NiVEについて

64bit版OS(x64)でうまく動作しない(DirectShow入力プラグイン等が使えない)


 →x64環境の場合、いくつかのプラグインなどが読み込めなかったり、
  AVI出力がうまくいかない場合があるようです。
  これは、64bitOS下でNiVEを起動した場合、NiVEが64bitアプリケーションとして動作しようとするためです。
  DirectShow入力プラグインなど、いくつかのプラグインは32bit向けに作られているため、
  NiVEが64bitアプリケーションとして起動してしまうと、呼び出すことができません。
  これらの問題を解決するには、ダウンロードのところにある「32bit専用ビルド」を使いましょう。
  「32bit専用ビルド」は、64bitOS下でも32bitアプリケーションとして起動するように作られたNiVE本体です。
  これを使うことで、32bit向けのプラグインも正常に読み込めるようになります。

   参考URL:64bit版OS(x64Windows)でNiVEを動作させる場合の問題点と解決策: さまよう金の髭

AVIが読み込めない、または読み込んでも表示がおかしくなる

■前提知識(大雑把な説明なので、詳細はなるべく各自で勉強しましょう)

●AVIというのは、
「映像と音声を入れるための箱(コンテナ)のフォーマット」
にすぎません。
ひとくちにAVIといっても、中身の映像や音声は、色々な形式でエンコードされています。
したがって、映像や音声を正しく読み取るためには、それぞれの形式に対応した
コーデック(CODEC)というプログラムが必要となります。

●AVIファイルの中身がどういう形式でエンコードされているかは、
真空波動研SuperLite」や「MediaInfo」といったソフトで調べることができます。
初心者の方には「真空波動研SuperLite」がお勧めです。

■NiVEの映像(Video)読み込みについて

●標準プラグインの「VFWInput」は、VFW(Video for Windows)を利用しているので、
・AVIコンテナの形式が「AVI 1.0」
・ファイルサイズは2GBまで
・対応するVFWコーデックがインストールされていること
といった条件を満たしているものしか読み込めません。

●拡張プラグインの「DirectShow入力」を導入すると、「DSVideoInput」が使えるようになります。
これを使うと、読み込める映像形式の種類が増え、mpgやwmvなど、
AVI以外の形式のファイルも読み込めるようになります。
ただし、映像形式に対応したコーデック(DirectShowフィルタ)が必要です。

※とりあえず、VFWInputで駄目ならDSVideoInputを試してみましょう。

■よくあるトラブル

ケース1: とにかく読み込めない

●中身の映像形式に対応したコーデックがインストールされていないと思われます。
真空波動研などでコーデックを調べ、必要なものを探してインストールしましょう。
ただ、ネット上にはおかしなコーデックもたくさんあるので注意が必要です。
●色々なコーデックを個別にインストールするのが面倒という人は、
ffdshow tryouts」というソフトをインストールすると楽かもしれません。
ffdshowは、VFWコーデックやDirectShowフィルタの詰め合わせのようなもので、
これをインストールしておけば大抵のファイルは再生可能になります。
ffdshowのインストール方法や使い方などは各自で調べ、自己責任でご利用下さい。
(コーデックについての基礎知識がないと、競合などの問題が発生することもあるようです)

ケース2:「FLV Extract」を使ってFLVファイルから取り出したAVIが読み込めない

●そのままでは読み込めないので、バイナリエディタでAVIファイルを開き、
VP6Fという文字をVP62に書き換える必要があります(2箇所)。
古いバージョンを使っている場合はFLV4という文字をVP62に書き換えます。
当然ですが、読み込むにはVP6コーデックも必要です。
また、読み込むと映像の上下が反転してしまっているはずですが、トランスフォームエフェクトの
「上下反転」にチェックを入れれば大丈夫です。

ケース3:「Craving Explorer」で「AVIで保存」したAVIがうまく読み込めない

●映像コーデックはMS MPEG4-v2になるようなので、特にコーデックを
追加インストールしなくても、DSVideoInputで読めるはずなのですが、
うまく読み込めなかったり、読み込めても映像の左上4分の1しか
表示されないといった問題が出ることがあるようです。
コーデックの競合など、個人環境依存の問題が疑われますが、
詳しい原因はわかっていないので、別のソフトでダウンロードしてみたり、
以下に書いてある「その他の解決策」を試してみましょう。

■その他の解決策

どうしても読み込めない場合は、Aviutlなど他のソフトを使って
無圧縮や可逆圧縮など別の形式にエンコードしなおしたり、
分割したりしてからNiVEに読み込んでみましょう。

wavファイルが読み込めない

コーデックが足りないなどで対象のwavの形式にACMが対応できていない可能性があります。
→ファイルを 44.1kHz(48kHz)、16bit Stereo に変換する。

ほそく。
ほとんどの初心者、或いは動画のエンコをしたことがない人が思い込んでいることなのですが、wav(WAVE)というのはAVIと一緒でコンテナの一種です。このため、標準のプラグインではACMというAPIを使用して変換して使用するようにしているのですが、コーデックが足りない(わかりやすい例だと、AVIから取り出したmp3なwavなど。これを使うにはACM版LAMEが必要)とACMがエラーを吐いて使用できません。

プレビューが遅い。エフェクトとかかけてないのに30fpsのプロジェクトで22fpsまでしか出ない

仕様です。WinFormsが重いのでプレビューの高速化は厳しいです。
RAMプレビューを使用し、環境設定の「プレビュー表示時間の調整」で-2msくらいを指定すると、やや改善されるようです。(←この設定項目はv1.84で削除されました)
実際の速度で確認したい場合は、いったんAVIに書き出すか、リアルタイムプレビューを使いましょう。

音声が出ない、または出てもブチブチ途切れる

■音声が出ない

●VFWInputでAVIを読み込んだだけでは、音声は読み込まれないことが多いです。
音声をwaveファイルとして別途用意してWaveInputで読み込むか、
DSAudioInputを使ってAVIから直接読み込むなどしましょう。

※なるべく「PCM 44.1kHz(又は48kHz) 16bit ステレオ」のwaveファイルから読み込むのを推奨。

●音声のアイテムがタイムラインに追加されているか確認しましょう。

●プレビューウィンドウの右下にあるスピーカーボタンで、音が出るようになっているか確認しましょう。
デフォルトでは音は出ないようになっています。

●環境設定の「waveOutput* APIを使う」の項目にチェックが入っているか確認しましょう。

■音声がブチブチ途切れる

仕様です。
音声の扱いはNiVEが苦手としている部分なので、音あわせなどは
別の編集ソフト(WindowsMovieMaker・Adobe Premiere等)を使ったほうがやりやすいです。

どうしてもNiVEでやりたい場合は、「ちょっと音再生」などのプラグインが便利です。

NiVEから出力したら音声の音が変わった

内部仕様にあるように、音声はNiVE内では
「48kHz16bit無圧縮PCM」
として処理されるため、それ以外の形式の音声を入力した場合は再変換がかかり音質が変化します。

パラメータを変えたのに、プレビュー映像が更新されない

→環境設定から操作ごとにプレビューを更新するにチェック

OpenGLレンダラが使えない、すぐエラーが飛ぶ

OpenGLは、PCの環境にも大きく左右されるので、PCによっては使用できないことがあります。
→原因が多岐にわたるため、一概には言えませんが、グラフィックボードの追加やドライバの更新によって解決できる場合があります。
自分のPCのOpenGL対応状況は、以下のようなソフトで調べることができるようです。
OpenGL Extensions Viewer(窓の杜の記事)

アイテムを追加しても白いポリゴンしか表示されない

OpenGL 2.0対応グラフィックボードを使用している場合に発生することがあるようです。
OpenGLレンダラの設定で、「テクスチャサイズを強制的に2^nに合わせる」にチェックすることにより回避できます。

OpenGLのアンカーポイントや位置を移動したらなんかぶっ飛んでった

OpenGLでは、各値が1≠1pxとなっています。
コンポジションの縦横のサイズの大きいほうをAとすると、座標目盛1=A/2となるようです。
512x384のコンポジションなら、座標目盛1=512/2=256ピクセルとなります。
また、ポリゴンサイズを0.1などにしている場合は良く飛んでってどこに行ったかわかりずらくなるので注意して下さい。

ピクチャインピクチャは(MinP、MinMなど)?

タイムラインにアイテムを複数置いた後、適当にマテリアルやトランスフォームで変形します。
親となるトラックに連動させる場合は子となるトラックに親のトラックを設定して下さい。

複数の動画を並べるのはどうやんの?

並べたい数だけタイムラインに配置した後、マテリアル、もしくはトランスフォームでサイズを調整後、好きな位置に移動します。
元が同じサイズの場合、すべて同じサイズにするときはnullオブジェクトと親子を使っていっぺんにサイズ変更すると楽かも。

動画のループ再生はどうやるの?

1つの動画をループさせる場合、トラックの右側の青いラインが出てるあたりを右クリックし、
「デュレーションの変更」から変更方法を「シームレス」に変更し、「フレーム」で好きなだけ伸ばします。
例えば、30フレームのAVIを5回ループさせたいなら、30フレーム×5回=150フレームにすればOKです。
なお、「フレーム」の設定を変えると、連動して「速度」も変わりますが、
「シームレス」の場合は実際の再生速度は変化しませんので、気にしなくてOKです。
また、トラックの有効範囲(青いラインの「s」と「e」の位置)は自動では変わらないので、
「e」の位置を「ループ終了位置」に移動する必要もあります。
上の例だと、AVI開始から30フレーム目にあった「e」を、150フレーム目に移動する必要があります。

複数の素材をまとめてループさせたい場合は、1つのコンポジションにまとめてから、そのコンポジションを
別のコンポジションにトラックとして配置してデュレーションを変更します。
もしくは一度AVIに書き出してからそれを読み込んでデュレーションを変更します。

動画の再生速度変更はどうやるの?

トラックの右側の青いラインが出てるあたりを右クリックし、「デュレーションの変更」を選択。
変更方法で「フレームを間引く」「フレームを混合」のどちらかを選択し、「フレーム」か「速度」を指定して変更します。
例えば、100フレームのAVIを50%の速度で再生したいなら、「速度」に50と指定します。
「フレーム」と「速度」は連動しているので、同時に「フレーム」も200になるはずです。
再生速度が遅くなる分、再生時間(つまりフレーム数)が増えるわけですね。
もちろん再生速度を速くすれば、再生時間(フレーム数)は減ります。
また、トラックの有効範囲(青いラインの「s」と「e」の位置)は自動では変わらないので、
スロー再生にしてフレーム数が増えた場合は「e」の位置を「新たな再生終了位置」に移動する必要もあります。
上の例だと、AVI開始から100フレーム目にあった「e」を、200フレーム目に移動する必要があります。

動画の逆再生はどうやるの?

トラックの右側の青いラインが出てるあたりを右クリックし、「リバース」を指定。

GDIレンダラでゆっくり移動・変形すると動きがガクガクになる

GDIを使用する関係上、どうしても発生してしまうようですが、「0.04°傾けるとカクカクしない」という技も発見されています。(参考動画はこちら
NiVE v1.74では、GDIレンダラの設定項目に、「変形時に自動的に0.04°傾ける」という項目も追加されましたので、チェックを入れておくと良いでしょう。
ただし、マテリアル左上を中心に0.04°傾けているようなので、コンポジションサイズにぴったりの背景を使っているような場合、コンポジションの右上や右下から背景色が見えてしまうことがあります。
そのような場合は、背景画像を微妙に拡大するか、レンダラの背景色変更などで対応すると良いと思います。

また、拡張2Dレンダラを使用するとガクブルしませんが、補間方法がバイリニアなため、50%以上に縮小する場合はOpenGLレンダラを使用するときれいに縮小できます。

デカいプロジェクトを開くとすぐ落ちる

Windows標準のエラー報告ダイアログや、ダイアログすら表示されずに落ちる場合、ウインドウハンドルの数の関係で落ちている可能性が極めて高いです。
NiVEでは、.NETのWinFormsを使用している関係上、NiVE側での対策も限界があるため、現状で解決するには、レジストリを操作する必要があります。

注意:レジストリ操作は、誤った値を書き込むと最悪Windowsが起動しなくなるおそれがあります。この操作を行う場合は、すべて自己の責任の下に行ってください。

1,ファイル名を指定して実行から、regedit.exeを起動する
2,HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\SubSystemsに移動
3,WindowsキーのSharedSectionのxxx,yyy,zzz(,www)となっているところの、xxx,yyyの部分を256、または512単位で増やす
4,再起動

注意:むやみに値を大きくするとパフォーマンス低下を招きます。

参考:
Microsoft サポート:デスクトップ アプリケーションのヒープを増やす(126962)
桜工場業務報告:SharedSection第一パラメータを増やす時がやってきた

フレームが1800までしか表示されない

設定→コンポジションの設定→長さ

アルファ(透明度情報)つきのAVIを読み込んだのに透明部分が塗りつぶされたり表示がおかしくなったりする。

VFWInputではアルファ情報は反映できないので、プラグインの「DirectShown入力」または「VFWInput(32bit ARGB Video Only) 」で読み込む。
また、素材の再エンコを繰り返している場合、途中でアルファ情報が消えている可能性もありますので注意しましょう。

メニューの読み込みや書き込みに「連番イメージ」と「連番イメージ読み込み(書き込み)」の2種類があるんだけど、どう違うの?

「連番イメージ」のほうは、「極座標変換」プラグインのv1.0.0を入れていると表示されます。
プラグイン開発時に誤ってサンプルコードが混入していたとのことです。
サンプルコードだということもあり、バグも内包しています。
「連番イメージ読み込み(書き出し)」のほうは、それを改善したNiVEの標準機能ですので、こちらを使いましょう。

動画を出力する時に「32bitARGBのまま書き出すとアルファが反映されず、不正なレンダリング結果になることがあります。24bitRGBに変換しますか?」と聞かれるけどどういう意味?

「アルファ(Alpha)」は不透明度を表す情報のこと。
つまりこれは、透明情報を残した形式で動画を出力するかどうかという確認。
「32bitARGB」のAはAlphaを表していて、この形式だと透明な部分は透明なまま出力できる。
「24bitRGB」だと、透明情報は省かれて出力される。

通常の動画なら、24bitRGBに変換してしまって問題ない。
32bitARGBを使うのは、「キャラだけ切り抜いた、背景が透明な動画」などを、合成用の素材として保存するような場合。

「不正な〜」と書いてるから不安になるかもしれないけど、これは単に32bitARGBで出力すると、
他のソフトでうまく読み込めないようなケースが発生するため。(だと思う)
実際、透明情報を残した32bitARGB動画をNiVEのVFWInputで読み込むと、
透明なはずの部分が黒くなってたりする。(拡張プラグインを使って読み込めば回避できるけど。)

タイムラインの表示をフレーム単位ではなく時間単位にできないか?

表示スペースの関係上無理だとされています。
そのかわり、プレビューウィンドウの左下のフレーム番号表示を時間表示にすることができます。
プレビューウィンドウの右クリックメニューから「タイムコード表示」を選ぶことで利用できます。

トラックのアイテムを移動した時、キーフレームも一緒に移動させるにはどうするの?

デフォルト状態では、トラックのアイテムを移動しても、既に打ってあるキーフレームは移動しません。
キーフレームも一緒に移動させたい場合は、各プロパティの右側のキーフレームを打つところを
右クリックし、「アイテムとキーフレームを連動」を選択してチェックを入れます。
なお、この設定は連動させたいプロパティごとに行う必要があります。
このあたりの説明は初心者解説ページにも書かれていますのでしっかり読みましょう。

「アイテムとキーフレームを連動」の設定は保存できないの?

プロジェクトを編集している間は保存されますが、
プロジェクトを開きなおすとデフォルト状態(連動しない)に戻ります。
残念ながら連動設定を固定的に保存することはできません。
理由についてはこちらの質問も参照して下さい。

プロパティごとに「アイテムとキーフレームを連動」の設定をやるのは面倒なんだけど・・・。

残念ながら、現状では1つ1つ設定するしかありません。
NiVE愛用者スレ3の647での開発者さんの説明によると、
「キーフレームの連動は、各プロパティコントロールの機能として実装されているため、
本体側からはまとめて変更といったことはできません。
また、これらを本体から変更できるようにするには、インターフェースの定義を変更する
必要があるため、現在は実装できません。 」
とのことです。

ただし、該当トラックに関する全てのプロパティのキーフレームを連動させたいのであれば、
「そのトラックを別のコンポジションとして独立させる」
という方法があります。
独立させたコンポジションを読み込んで移動させれば、
結果的に全てのキーフレームを連動させたのと同じことになりますので。

AVIを変換するには…wavを変換するには…FLVから…

ググれ。
このくらいは出来ないと動画制作はすぐに挫折しますよ('・ω・`) ググれの意味・・・検索エンジン『Google』で調べる。(その他の意味あり)

コメント

  • タイムラインが表示はされるのに追加その他一切操作が効かなくなってしまった。元の状態に戻す方法がわかりません -- まっつん? 2009-04-06 (月) 22:04:37
  • 一つの動画を部分的に速度を変更することはできないのでしょうか? -- MTO? 2010-01-28 (木) 07:40:21
  • 質問箱のこちらの質問を参照。ここで質問すべきではありません。 -- 金の髭? 2010-01-28 (木) 20:58:10
  • カンパしたいのですが、どうしたらいいですか? ちょっと連絡先等わからなくて。 -- usi? 2010-04-06 (火) 22:47:39
  • 動画を読み込むと自分自身をトラックに追加できません自分自身を追加していない場合どこかで使用される場合がありますと出るんですがどうしたらいいんでしょうか? -- カンカン? 2013-04-29 (月) 14:28:48

(画像の文字列を入力して下さい)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-02-27 (金) 23:06:26 (1017d)